資本金について


 資本金は、会社への出資金を基礎として設定される一定の額を言います。

 株式会社の設立にあたっては金額的な制限はありません。資本金1円から株式会社の設立ができます。

1.会社の信用度の尺度

 1円から株式会社を設立できるので、資本金の意義は薄れてきていますが、資本金の額は会社の信用度を図る尺度としての意義があります。


2.許認可の用件

 行政庁の許認可を要する事業の中には一定の資本金額を必要とするものがあります。


3.消費税の免除

 新たに設立した会社で、資本金の額が1,000万円未満の会社は、設立2期目まで消費税が免除されます。