会社の目的について


 会社の目的とは、会社が行う事業内容のことであり、定款に記載しなければなりません。会社は目的の範囲内の事業活動を行うことができ、定款に記載されていない目的を行うことはできません。
 記載の仕方にも一定のルールがあります。

1.使用できない目的

 医療行為、税理士業務、司法書士業務など
 但し、医療機器類の販売などは使用できます。


2.将来行う予定の目的も使用できます


3.許認可が必要な事業は、目的に記載しなければなりません

 建設業、宅建業、旅行業代理店業、金融業など関係行政庁の許認可を要する事業は、目的への記載が必要です。